お知らせ NEWS

今年度のインフルエンザ予防接種は終了致しました

2020.01.25

1月、2月の臨時休診・診療時間変更

2020.01.17

1月・2月は通常通りの診療です。

臨時休診、診療時間変更はございません。

※祝日休診
受付は30分前までとなります。

1月の下肢静脈瘤公開講座について

2019.12.29

つなしま医院では『市民公開講座』を毎月開催しております。

 

1月は「下肢静脈瘤について」全3回を予定しております。

治療の前に先生の話を聞いてみたい、という方はぜひお気軽にお越しください。

講座終了後には個別のご相談もお受けいたします。

そのままご診察をご希望の方は保険証とお薬手帳をお持ちください。


日時:
①1月17日(金)14時〜

「下肢静脈瘤について」 講師:桜井祐加

②1月23日(木)14時〜

「足のむくみ・リンパ浮腫と下肢静脈瘤の関係について」 講師:村山剛也

③1月29日(月)14時30分~

「下肢静脈瘤について」 講師:大住幸司

場所:レンタルルームキングドー タウンアイ2階(イトーヨーカドー綱島店向かい)

参加費:無料

☆先着各10名まで(予約制) 予約電話:045-531-1212(つなしま医院)

 

毎月の公開講座のお知らせは横浜下肢静脈瘤研究会YVFブログでもご案内しております。

 

つなしま医院 下肢静脈瘤について

つなしま医院(別サイト) 村山理事長の下肢静脈瘤Q&Aコラム

採用情報のページを更新しました。

2019.12.12

つなしま医院ではただいま看護師・准看護師パートを募集しております。

採用情報のページをご覧ください。

ご応募、お問い合わせもお待ちしております。

横浜市国民健康保険 特定健康診査実施開始のお知らせ

2019.10.01

当院は、令和元年10月より横浜市国民健康保険 特定健康診査実施医療機関となりました。

横浜市にお住まいの方で、40歳以上74歳までの方が受けることができます。

対象者の方には毎年6月頃にご自宅に受診券・問診票が届きますので受診の際はご持参ください。

 

■対象:次の(1)、(2)いずれかに該当する方

(1)4月1日以前から引き続き横浜市国民健康保険に加入していて、令和2年3月31日までに40歳~75歳の誕生日を迎える方(国の基準による対象者)
(2)4月2日以降に横浜市国民健康保険に加入した方で、令和2年3月31日までに40歳~75歳の誕生日を迎える方(横浜市独自の対象者)

■健診費用:無料

 

生活習慣病の予防や早期発見のために特定健康診査を是非ご活用ください。

ご希望の方は来院時またはお電話にてご予約をお願いいたします。

 

横浜市「特定健康診査のご案内」

消費税増税に伴う料金改定について

2019.09.29

消費税法の改正に基づき、令和元年10月1日より、消費税率が8%から10%に改定されます。

これに伴い、当院における保険適用外(自費診療・健診・人間ドック等)の料金についても改訂させていただきます。

また保険診療におきましては、令和元年10月の診療報酬改定により、一部変更がございます。

ご理解とご協力をお願いいたします。

各種健康診断・miniドックのページを追加しました

2019.08.09

つなしま医院では各種健康診断・予防接種、クリニックで受けられる人間ドック‘つなしまminiドック’をおこなっています。

‘つなしまminiドック’は、エコー(超音波)検査をメインに男女別コースをご準備しております。

気になる内容でオプション検査も可能です。

検査の内容、申し込み方法などご案内ページをご覧ください。

各種健康診断・miniドックのページ

8月より診療時間変更(延長)のお知らせ

2019.07.19

8月より診療時間を変更いたします。

月・火・金・土曜 午後17:30まで

日曜 午前9:30から

 

受付時間は終了30分前までとなります。

学会活動

2019.07.19

第39回日本静脈学会総会(2019年7月4・5日 ウインクあいち(愛知県産業労働センター))にて

桜井医師(つなしま医院)、中村医師(関内医院)が発表いたしました。

 

◇静脈瘤焼灼術 演題

「下肢静脈瘤術後に発生した微小動静脈瘻による下肢浮腫の 1 例」桜井 祐加 他3名

「細径 1-ring radial fiber を用いた Varicose Ablation の短期成績」中村 和美 他1名

 

◇International Session(国際セッション) POSTER PRESENTATION ポスター発表

「ISP-6 Laser ablation of superficial tortuous veins using 1-ring radial fiber」(Kazumi Nakamura)

風しん抗体検査・予防接種クーポンについて

2019.07.08

風しん抗体検査・予防接種クーポンについて

6月下旬より、横浜市から対象の方にクーポン券が配布されております。
当院では抗体検査・予防接種とも実施可能です(全国どちらのクーポン券も受付いたします)。

クーポンが届いた方は、まずはじめに風しんの抗体価を調べるために抗体検査を必ず行います。
抗体検査の結果、十分な風しん抗体がない人に 麻しん風しん混合(MR)ワクチンの予防接種(予約制)を行います。

当院では検査結果をお聞きになる際に、必要な方は予防接種も受けることができるようワクチンをご準備いたします。
※ワクチンの在庫状況によります

受診に必要なもの:
①クーポン券
②抗体検査受診票
③住所・氏名・年齢を確認できるもの(運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードなど)

費用:無料

実施期間:令和元年6月下旬 から令和4年3月31日まで
※今年度のクーポン券の有効期限は抗体検査が令和2年3月31日、予防接種が令和2年8月31日です。

 

「風しん追加対策事業(第5期定期接種)」について

第5期定期接種は、風疹撲滅を目的に令和元年6月〜令和4年3月31日まで3年間かけて行われます。
昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性は無料でワクチンの接種を受けることができます。
対象者は年齢によって毎年異なりますのでご注意ください。
令和元年度は昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた方が対象です。

 

風しんについて

風しんウイルスに感染すると、約2~3週間の潜伏期間の後、発しん、発熱、首のうしろのリンパ節が腫れるなどの症状が現れます。
また、せき、鼻汁、目が赤くなる(眼球結膜の充血)などの症状が見られることもあります。
妊娠中の女性が風しんに感染すると、お腹の赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、心臓に異常があるといった「先天性風しん症候群」になる可能性があります。

1 / 212